安すぎる駐車料金

料金は安ければ安いほど人気になるのか?

予約した後に他でもっと安い駐車場を見つけた

那覇空港駐車場【旅パーキング】を予約した後、口コミや比較サイトなどで他でもっと安い別の那覇空港駐車場を見つけてしまって「あ~」ってなった。今の駐車料金から割引してくれないなら次からはその安いパーキングにしようと思う。そのようなご意見を頂いたことがあります。

那覇空港近くには民間駐車場がいくつかありますが、当駐車場と一部の実績のあるパーキングさんを除きほとんどが格安・安さをウリにした営業をしています。薄利多売で急拡大している会社さんもあります。お客様からすると「車を預かって駐車しておくだけだから何処でも一緒でしょ?」と思われる方がほとんどかと思います。実際に送迎車を運転中にお客様から「車を預かるだけで料金もらえていいね~」と言われたことは一度ではありません。車を預けるだけと考えているので安ければ安いほど人気になっているのかもしれません。

駐車料金が高いところと安いところの違いって何?

駐車料金が高いところと安いところの違いとは何でしょうか。空港駐車場業を営むにあたってかかる費用にはどのようなものがあると思いますか??人件費・地代家賃・駐車スペースの維持管理費・駐車場管理保険・預かった車両の移動時に万一の事があっても対応できるようにする車両移動保険・送迎車のガソリン代に車検点検費などなどその他にも細かく沢山あります。

いかがですか?空港駐車場業は安売り出来るほど簡単ではないのです。

駐車料金を格安・最安値で維持するという事はとにかく安く!安く!で多くのお客様を受入れて朝6時から最終便の夜11時頃まで働いて薄利多売で利益を得る。更に費用を最小限にすることも必要になります。まず、地代ですが安くする為には地代の高い那覇空港周辺から遠く離れた場所に第二、第三の駐車スペースを用意する方法が考えられます。お客様から預かった車を長い距離移動しなければいけなくなりますが費用は安く抑えることができます。次に駐車場保険です。これはどの保険会社でも料金に大差がないので、保険に加入しないで万一何かあった場合は会社で負担するか、又は一切の補償なしというスタイルで営業するしか大幅な削減は難しいと思います。残るはスタッフの人件費です。人数を最小限にした接客で徹底的に安くあげる方法でしょうか。安さをウリにしている会社さんはこのような企業努力をして営業しているのです。

ですから私たちには薄利多売で営業することは決してできません。薄利多売で成り立つのは大きな駐車スペースが確保されていて、かつ、資金力のある大きな会社だけではないでしょうか。規模の小さいところがそれをやってしまうと後々無理が生じてきます(接客にも車の取扱いにも影響が出てくることが容易に想像できます。)

安売りではなく適正駐車料金での営業

私たち那覇空港駐車場【旅パーキング】では安売りすることでお客様に来てもらうようなことは考えず、会社の規模を考えた営業をしています。スタッフがやりがいを感じることで楽しく接客することができる(=お客様も気持ちよく安心して利用できる)そのために必要な利益をきちんと確保できるシーズン(GW・年末年始)ごとに決められた料金で営業しています。決して最安値ではありませんがそれでも私たち駐車場を選んで頂けるお客様一人一人を大切にして頑張っていきたいと考えています。那覇空港内の立体駐車場も一時期のような安売りをやめ平成 26 年 8 月 1 日より料金を改定し値上げに踏み切りました。実績のある空港周辺の民間駐車場では徐々に適正料金になってきています。どの会社さんも皆さん一生懸命営業されていますので単に安さだけではなくそれぞれの会社の特徴を比較して頂きご自身にピッタリの安心して利用できる駐車場を選んで頂ければ幸いです。

ページの先頭へ
予約